« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

週末は天気悪いみたいですね。

 書店回りで銀座に行ってきましたが、なれない場所のせいか若干体調が…。。

 しかし雨は止んでいてよかったです。

 先週の書店回りは赤坂だったんですが、銀座とか赤坂の地下鉄駅の構造はいったいどうなっているのか。

 かなりの長さの下り階段の後、平らな通路が約10m、そしてはるか彼方まで続く上り階段。

 こんなんです。

Cocolog_oekaki_2009_05_29_21_12

 平らにしてくれ。

 『ノーウッドの建築家』みたいに誰か天井に隠れているんじゃないかって…(あれは天井でなく廊下ですけど)邪推したくなる。

 実際は線路が通ってるのかもしれないです。

 肝心の書店回りはわくわくしました。

 とある銀座の書店では『1Q84』がさっそく売り切れ。

 勝間和代氏の『断る力』は好調の様子でした。

 

 さてさて

 MTKはどこかに行っちゃいました。

 J子は帰りました。

 なので今はたった一人。。

 そろそろ帰宅します。

 ちなみに月曜日、僕はお休みします。

 市役所に行っていろいろな手続きをしてきます。 

 以前、引っ越した後、のですが、引っ越してきてから一定期間内に手続きしないと罰金とられる、という情報を耳にしました。(正確な情報求)

 やはり自分が自治体に登録されていないというのは不安だと思いますが…。

 『砂の女』(安部公房)はそんなことを扱っている小説です。 とってつけた感満点ですね。

Photo

 

 

 

 ではでは、よい週末を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絶版書籍に関するグーグル和解案

 こんにちは、山ちゃんです。

 日本の文芸家協会が絶版書籍デジタル化に関する、グーグル側の和解案を受け入れたようです。

 文芸家協会:グーグル和解案受け入れ 絶版書籍デジタル化

 何をもって絶版とするかが焦点となっていたようですけども、きちんと定義できたようですね。

 この決断で出版流通対策協議会等の反対派がどう動くのか。。

 ところで、このブログでもさんざん取り上げた「1Q84」を買う必要はなくなった。

 なぜなら電子化されてグーグルブックスで見れるから…

 




 …ではなくて、MTKが買ったからです。

 借りて読みますww

 さてさて

 午後は書店回りです。

 大雨ですが。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

対決!共鳴し合う作家たち

おはようございます!山ちゃんです。

村上春樹氏『1Q84』発売されました。Photo












アマゾン予約が1万冊を超えるというニュース
がありましたが

予想通りすごい売れ行きみたいです。

村上春樹さん新作、都心で発売 5年ぶりに、ファン次々と
(静岡新聞)

お話変わりますが紀伊國屋書店の新宿本店で

「対決!共鳴し合う作家たち」

という催し物をやっております。Photo_2










時代や国の異なる複数の作家の間に、その差異を飛び越えるような共通項があったり
文体や作風が全く違うが同じテーマについて書いていたりとか

そんな作家たちの作品を集めて対決させようというもの。

どのように対決させるのかはわかりませんがおもしろそうです。

ちなみに村上春樹氏は「世紀の対決」と題して、新進作家の磯崎憲一郎氏と比較されています。

ちなみに今月の11日からやっておりまして来月の10日までです。

場所は紀伊國屋新宿本店2F催事場。

気になる人は行ってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

付録につられて買いました。

こんばんは。
J子ですpaper

最近まで売り切れになっていた

LESPORTSAC 35th Anniversary Special !! Style1

Photo_4

が近所の書店で再入荷していたので購入しました!

レスポートサックの35周年アニバーサリーブックで、3種類発売されています。

本の中身は一緒だけど付録のマルチケースの柄が違いますup

Photo_12


私はStyle1を買いました。見た目もカワイイし便利そうですsmile

ちなみに他のはキャンディ・ドッツ

Photo_11

マルチストライプ

Photo_13


雑誌の中身は同じなのに表紙のデザインが違うって変わってますよね。
付録につられて他のデザインのも買いそうになりました。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『グイン・サーガ』(栗本薫)と私の青春

好きな作家が亡くなる、ということを、本当の意味で体験したのは実は初めてかも知れない。

小説家の栗本薫さんが、昨日、すいぞう癌のために亡くなられた。(産経ニュースの記事
まずは、栗本さんのご冥福をお祈りする。

栗本さんが運営している公式サイト『神楽坂倶楽部』には、ここ数年、闘病の記録がまざまざと綴られており、それを見るだけでも、容態の悪さは理解できた。
それでも、栗本さんの、小説の「あとがき」に書いてあるようなテンションの高い文体は、「いつもの栗本さんダナァ」と安心できるものだった。

栗本さんの執筆されたファンタジー大河小説『グイン・サーガ』は、自分にとって青春を彩る本の1つだ。Photo_3

僕が高校生のとき通っていた塾に、1人、とても堅物な国語の先生がいた。

その人はとても頭の回転が鋭く、さまざまな本を読み、たくさんの知識をもっているのだが
鉄仮面のように表情を崩さないので、怒っているのか喜んでいるのかも読み取れず
なかなか近くに行くことが出来なかった。

そんなある日、友人と自分の読んでいる小説の話で盛り上がっていると、
珍しく、その先生が生徒の方に近寄ってきた。

僕はそのとき、栗本薫さんが執筆していた『グイン・サーガ』を読んでいて、
(当時でも既に多くの巻数が出ていたけれど、僕は1巻から読み始めて、
10巻ほどまで読み終わっていた頃だった)
グインやレムス、リンダたちの一転二転する冒険劇は、
続きが気になって寝る時間をも割きたいと思うほどハマり込んでいた。

僕が友人たちにそのような理由で『グイン・サーガ』について熱弁していたところ、
突然、その先生が、その熱弁にさらに加勢するかの如く、
『グイン・サーガ』の魅力について刻々と語り出したのだ。

そのとき、誰もが「ポカーン」とした。

その熱の入りようは凄まじいもので、登場人物の細かい動きなども把握して
どこどこのこういう部分が背景で…など、独演会状態となった。

とはいえ、同じものが好きなのだから、いつも通り聞いているだけではない。
「あれはこういう解釈では」というツッコミから、議論に発展したりもした。

読み方、ストーリーの解釈の仕方、登場人物、好みは少しずつ違うのだけれど、
同じものが好きという上で、小さな文芸批評の場が出来ていて、
新たな知見を得る。それも、今まで近寄れなかった人と話ができる。
これはなんて素晴らしいことなんだろう、と、心に感じていた。

大学に入ってからはファンタジーを離れたため、
自分の中の『グイン・サーガ』は途中で途切れたままだ。
(たまに買って読むが、そのスピードは極めて遅い)

ただ、まだ続いているということを書店で確認するたびに、「あ、読まないとな」と思っていた。
栗本さんが亡くなり、グインの新刊がもう出ないことはまだ信じられないが、
もうグインの新刊が並ばない書店の文庫本の棚を見ると、きっと実感するのだろうな、と思う。

当初は100巻完結と言っていたのだけれど…。126巻までか。

グインはまだ豹頭王とも呼ばれていなくて、レムスとリンダは性格が正反対な双子で、
イシュトはまだ傭兵で…という初期の頃の躍動感は、スリル満点だった。
思い出をありがとうございます。ちゃんと読み進めます。

そして、繰り返し申し上げますが、1ファンとして、栗本薫さんのご冥福をお祈りします。

MTK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

『1Q84』が今週末発売ですが、すでに予約が…

 今週の金曜に発売される村上春樹氏の新刊『1Q84』ですが、


 アマゾンでの予約冊数がすでに一万冊を超えた様子。Photo_6

 

 








 

 これだけ本が売れないと言われているのに…
 いい作品を創りつづけている人には関係ないということですかね。

 実売がどれくらい伸びるのか注視したいと思います。

 これらは新刊JPで紹介した村上氏関連のニュース

 ☆村上春樹の新刊が、Amazon上に登場―今年中に出版されれば5年ぶりの新刊に
 
 ☆村上春樹氏の小説『ノルウェイの森』が映画化 2010年公開予定

 ☆村上春樹氏原作の映画「ノルウェイの森」のキャスト発表 主演は松山ケンイチさん

 僕自身は村上春樹氏の熱烈なファンというわけではありませんが、
 新作が出るというだけでこれほど話題になる作家は、日本には村上氏しかいないでしょう。
 世界中見ても何人いるか。。

 かなりの数のブログでも紹介されていますし、今年の出版界のハイライトになることは間違いないでしょう。

 

 映画化される『ノルウェイの森』と併せて楽しみです。
 しかし発売と同時に、マスクばりに店頭から姿を消したりしないだろうか…

 まさかね。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小説作法ABC

 おはようございます。山ちゃんです

 

田代氏の記事が無事配信されてひと安心。

 また次の取材の準備にかかります。

 ちょっと前に作家の平野啓一郎氏が『小説の読み方』という、小説を読む上の着眼点を指南する本を出しましたが、 同じく作家である島田雅彦氏は実際に小説を書くためのコツを指南する本を出しました。Photo_3
Photo_4











 

 もちろん小説と、ブログや日記、その他の文章とは構築の仕方や文体は違いますが、勉強になることは多いはず。

 第一線で活躍する作家が、書き方をぶっちゃけるっていうこと自体がおもしろいですしね。

 この本について書いたブログを読ませていただきましたが、「メシのタネ」とは言えないまでもかなりのところまでぶっちゃけてくれてるみたいですよ。

 買おうかどうか迷っていますが、昨日違う本を買ってしまったので我慢しないといけないかも…

 

ちなみにこれです。Photo_5 昔一回買ったのですが、もう一度買ってしまった。。











 村上龍氏にはまだまだがんばってほしいですが、こういう小説を何本も期待するのは酷なことかもしれませんね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

田代まさし氏が現在の心境を語る!

 こんにちは、山ちゃんです。

 先日の田代まさし氏のインタビュー記事があと一時間もしたら配信されます!

 僕が記事を書いたのですが、取材時のテープを後で聴き返してもおもしろかった。。

 

読者プレゼントと併せてお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「毎日が楽しくなる17の物語」の書籍特集ページがオープン!

 こんにちは、山ちゃんです。

 

 「毎日が楽しくなる17の物語」の書籍特集ページがオープンしましたよ!Photo

 










 「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動代表の志賀内泰弘さんの本。

 日常で起こった小さな「いい話」17話が収載されています。

 こういう優しげなお話を見聞きすると心に余裕が出ますね。。
 毎日キリキリしてる人が読んだらホッとできるんじゃないだろか。

 『大切なことに気づく24の物語~読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」』
 とか
 『小さな幸せに気づく24の物語』が好きな人にはピッタリくる本だと思います。

 第二話は新刊JP内で立ち読み可能なので、読んでみてくださいね!

 僕も昨日の夕方、ジョギングをしていたら大雨に降られて、たまたま傘を二本持っていたおじさんに助けられてしまった…(にわか雨なんていうかわいいものじゃなかった…。びしょぬれです。)

 僕もさりげなく優しくできる人になりたいものです。

 

「プチナイスガイ」とか「プチ好青年」と呼ばれてみたい。。
 今のところ誰も呼んでくれませんが
(゚ー゚;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月22日 (金)

週末の予定は?!その2

こんばんは。
J子ですsmile

金曜なのでこの時間も元気ですscissors

MTKがこんな本を貸してくれました。

最近ブログに登場しませんね。
アイドルのサイン会に行ったきり戻ってきてない…わけではありませんよ

Photo

お勧めの新刊書店、古本屋、ブックカフェが載っています。

最近 ブックカフェ増えましたよね?!
こだわりのあるお店ばかりでどこもおもしろそうですshine

こんな渋谷のお勧めブックカフェを紹介しているサイト

もありました。

週末はカフェで読書はいかがでしょうか。

ではでは!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大学教師が新入生にすすめる100冊

 こんにちは、山ちゃんです。

 

こまごましたことを片付けていたらこんな時間だよ。。

 映画版が明日公開される伊坂幸太郎氏の『重力ピエロ』が100万部突破だそうです。

 

このご時世に100万部とはすごい。

 ざっとしたあらすじを新刊JPニュースで読むことができます。

 ところで一生のうちに読む本の数は人によりけりでしょうけど

 大型書店の本棚を見るとあまりの本の数に

 

「自分が持っている知識など微々たるもんだ!」
 とショックを受け、謙虚な気持になれてしまったり、しませんか?

 それなりには読んできたつもりでしたがまだまだだな…

 と思う記事がありました。

 大学教師が新入生にすすめる100冊

 本選びの参考になるかもしれません。

 

今から書店を回ってきます!

 雨が降らないことを祈って。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

紙媒体の行く末 

 この間、紙媒体が消滅するのでは?

 ということを書きました。

 →この記事です。

 

小飼弾氏もブログで書いてますね

 このテーマをブログで取り上げている人はかなりたくさんいるのですが

 それぞれ意見を持っているし、それらの意見からはそれぞれの生活や背景が感じ取れるので興味深いです。

 現実はどの方向に進んでいくんでしょうかね。。

 イチ活字好き人間としては気になるところです。

 今日はここらへんで!

 ☆小飼氏が出演した新刊ラジオ
 ☆小飼氏ディレクターズカット編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本のつくりかた展@蔵前

こんにちは。
J子です。

昨日は書店巡りの途中で熱中症になりました・・・

まだ5月なのに。

私は夏をこせるのでしょうかsweat02



さて話は変わりますが、「本のつくりかた」展に行ってきました!

記事はこちら

アノニマ・スタジオ では

よくイベントを開催していますup

キムチ・ナムルを作るお料理教室、トークイベント、器や洋服の展示会など
どれもすぐに定員に達してしまいます。

HPで募集するみたいなので、こまめにチェックしてみてください!

今週の土曜日に開催される「豆本の切手アルバム」のワークショップは

Photo_3

こんな感じの作品が自分で作れるみたいですshine
これは初心者向き。

ちなみに私が一番作ってみたいと思った文庫本は

Photo_5

中級でした。好きな布で作れるのがうれしい。

展示会で展示されている雑貨は
美篶堂のHPからオンラインショップで購入もできます。

Photo_4

本型の小物入れもかわいかったですlovely

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーフジャーキー→出版→エステティック

 こんにちは、山ちゃんです。

 このあいだザリガニを釣った時に、コンビニでスルメを買いましたが、

 スルメの近くに必ず並んでいるのがビーフジャーキー

 

ビーフジャーキーで下着を作ったという記事を見つけましたが、

 つけ心地悪そうです。(下着じゃなくて靴やベルトやジャケットを作れば案外かっこいいものができたかも。。犬に狙われそうですが。)

 ここまで書いて、なんとか出版や本の話題と結びつけようと思いましたが、
 ビーフジャーキーから出版の話へ、というのは無茶だったようです。Photo


 









 この間、『となりの〔エステサロン〕が儲かっている本当の理由』という本の著者である久永陽介さんを取材させていただいたんですけど、久永氏がこんなことを言っていました。

 

「エステサロンだからといってスポーツジムやスパと提携するのではなく、未知の可能性を探って全く異なる業種と提携することを考えるのは大事なことだ。」

 経営とかマーケティングに携わる人のアイデアへの飢餓感は見習わないといけないと思ってしまった。。

 

ビーフジャーキーと出版が…なんて言ってる場合じゃないですよ

 久永さんのインタビュー記事はもう配信されているので、ぜひ読んでみてください。
 こちらから見れます。

 

 美容業界の現状も含め考えさせられることが多いインタビューでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

探偵の受難

 

 こんにちは、山ちゃんです。

 J子は暑さにやられたようです。

 このまえ推理小説人気は根強い、みたいなことを書いたのですが
 Photo

 









 推理小説といったら事件

 事件といったら探偵。

 警察の一歩先を行き、事件を解決する名探偵に憧れた人は多いはず…!

 

しかしそれは小説の中の話。

 実際の活動はかなり地味だそうです。 おもしろい記事発見。

名探偵受難の時代…

 

現職の探偵さんが質問に答えるというスレッドを見つけたので紹介します。

 本当かどうかわからないですが、本当であってほしいです。

 

探偵の方がやっているブログもあって

 のぞいてみるといくつかの探偵事務所へのリンクが貼ってあったりして妙にリアル。。

 事件がないと探偵はヒマなんじゃないかと思いがちですが

 実際はかなり忙しいみたい。

 可能なら取材させていただきたいですが

 難しそうですね。。

 むしろ探偵にあこがれていた人間からすると
 無理だと言ってほしい気がしないでもありません。。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

電子書籍時代突入○年前

 こんにちは、山ちゃんです。

 電子書籍の普及によって紙媒体は衰退していくだろう、という意見がありますが、それに関して

 「紙の本が100%亡くなると断言できる、たった一つの理由」というタイトルで書かれているブログを見つけました。

 

電子書籍という新技術によって、紙媒体が追いやられていく図は確かに想像できます。

 アマゾンのキンドルの大型版も発売されたばかり(日本では入手できないみたいですが)

 

保存や持ち歩きの際の利便性や環境面のことも考えると、紙媒体に有利な条件ははたしていくつあるのか?

 これだけ電子書籍が浸透するための要素が出揃っているのに、従来の紙の書籍のウリとして語られるのは「あじわい」ばかりですから、いかんともしがたい。。

 書き込みを入れたり、気になるページを折ったり、ということも紙のメリットですが、電子書籍で代替機能をつけることは可能でしょうから、これも「あじわい」の一つだと言えます。

 

 アナログレコード収集が趣味、という人は今でも一定数いますが、将来的に紙の書籍も今でいうアナログレコードと同じ扱いになる可能性が高いです。

 WEB配信やCD販売をメインとしつつ、一部のファンのためにアナログレコードを出し続けているアーティストがいるように、本の著者もメインは電子書籍だが、特定のマニア向けに紙の本も出版するみたいな形を取る人が出るかもしれませんね。

 

問題はいつごろ「世代交代」が起きるのか
 ということですが、電子書籍のコンテンツはまだまだ出そろっていないのでもう少し時間はかかるのではないでしょうか。

 完全に紙書籍にとって代わるとなると、かつてCDがそうだったように、過去の出版物も全て網羅する必要があります。なので僕の予想は8~10年

 ところで、実際に本を書く人はどんな印象を持っているのでしょうか。

 

紙の本じゃないとヤダッ!
 となる小説家とか、いるんですかね。。
 やはり権利の問題やコピー商品が出回ることを危惧しているのかしら。

 

 実際の電子書籍を想像すると、雑誌やカタログ、辞書、地図は違和感がないし、小説も大丈夫。
 しかしエッセイ、詩、俳句などはどうも感じが出ない。。

 これらは電子書籍と相性悪いかもしれないですね。

 

もっともエッセイ、詩や俳諧は生き物ですから、電子詩集や電子俳句集にフィットした形に変化していくんでしょうが。

 今後書籍がどうなっていくかとともに、きっとそれぞれの作風にも影響が出るのは間違いないと思います。

 個人的には電子書籍の普及具合よりも、普及した後の創作物にどんな変化があるのか、ということの方が楽しみです。

 僕も時間がある時に「電子書籍時代の詩」を何篇か作ってみようかと思います。

 というわけで仕事に戻ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

本格ミステリ大賞

こんばんは、山ちゃんです。

本格ミステリ大賞の小説部門が牧薩次さんの『完全恋愛』に決定しましたよ!

というニュースを先ほど配信しましたが、推理小説人気は根強い…。

【速報】本格ミステリ大賞に牧薩次さんの『完全恋愛』ら

個人的にはいわゆる純文学にがんばってほしいですがなかなか厳しいようです。

さてさて、先ほどの漢字の読み書きの答えは

①ひたすら
②かまど
③はかばかしい
④戦く
⑤強ち

でした。
最低限の漢字知識は維持していたいもんです。。

我々は意識せずに使っている漢字ですが、欧米人からしたらかっこいいものなのかもしれません。
たまに漢字がプリントされているTシャツ着てる人いますもんね。

今日はここいらで…
原稿書きに戻ります。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これらの漢字を読み書きできますか?

 こんにちは。山ちゃんです。

 そろそろ5月も終盤ということで
 今月の某大型書店の売り上げランキング5/1~5/17を見返していたら

 「読めそうで読めない間違いやすい漢字」(二見書房)
という

 なんとも挑戦意欲をそそる本がゴールデン・ウィーク明けからずっとトップ10に入っていました。

 

クイズプレゼンバラエティーQさま!!(テレビ朝日)というクイズ番組で、この本の中から問題を出題したことが影響しているみたいですね。

 

QさまプレッシャーSTUDYドリル

 なるものもあって頭の体操にぴったり!

 手書きで字を書くことが少なくなって漢字書き取り力が衰えている、といわれていますけど

 こういった本が売れるということは、それを自覚している人は多いのかもしれませんね。

 ここで問題

 以下の漢字を読み書きできますか?

 ①只管
 ②竈
 ③捗捗しい
 ④おののく
 ⑤あながち

 僕は①②がわからなかったのですが。。

 日本語を習う外国人は、こんなのを相手にしないといけないんだから大変だ…。

 日本の文学賞を受賞した外国人の方には脱帽です。

 シリン・ネザマフィ氏が文學界新人賞を受賞した記事です。
 http://sinkan.jp/news/index_507.html


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

「萌え元素」なキャラたちが…

こんにちはー。MTKです。
数日前までは暑かったのに、一転して寒くなりましたね。

昨日、新刊JPでは新しい書籍特集のページをオープンしました!
それがまたガチで凄まじいページになっています!!

なんと、あの「元素」が萌えキャラに大変身!

アニメもあるんですが、これもまた豪華な声優さんたちが演じています!
声優さん直筆サイン本や壁紙ダウンロードもあります。

まずはコチラの動画をご覧ください。でも、これ、すごい勉強になりますよ!
元素についてもうちょい勉強してみようかなーと思うMTKでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

週末の予定は?!



さぁup







週末ですbeerbeerbeer


東京ミッドタウンでPARK LIBRARY というイベントをやっていますsmile

ふかふかの芝生の上で読書ができるんですshine


3冊の本と、ラグマットを入れたバスケットを貸してくれます。

バスケットは全部で30個 

それぞれのバスケットにはキーワードが書かれてます。

・ピクニック・ピクニック
・あの人の生き方
・美味しいお酒

などのキーワードの選択して借りたバスケットを開いた時に
どんな本が入っているのかが初めてわかるんです。

絵本、画集、文庫本 などキーワードに添った本が入っています。
本のセレクトはブックディレクターの幅さん

普段自分では選ばない本を読むきっかけになって
おもしろいhappy02

私はGWに行ったのですが 天気の良い日に芝生でbeerを飲みながらの
読書は楽しいですよ~shine

今週末も晴れますように(◎´∀`)ノ

ではっpaper J子でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなところまで…話してくれました。

 取材から帰ってきた山ちゃんです。

 朝も触れた田代まさしさんのインタビューですが

 思っていたよりもいろいろなことをお話してくれて

 いい記事が書けそうです。

 過去のことからこれからのことまで、かなりのことまで。。

 正直ここまで話してくれるとは思っていませんでした!

 配信日はまだはっきりと決められませんが来週中には…

 と考えてますよ。

 というわけで

 さっそくインタビュー音声を文字に起こします。

 

記事をお楽しみに!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田代まさし氏への質問事項

 おはようございます。山ちゃんです。

 田代まさし さんが本を出版しました。

 ということで

 

なんと、インタビュー取材をしてきます!

 なので何を聞こうか考えているところです。

 今、著書『審判』が手元にありまして

 読んでいるんですが

 
想像通り人生のアップダウンの激しさがすさまじい…

 何を聞こうか考えているというよりは

 質問したいことがたくさんありすぎて整理している状態。

 公式サイトで見られる「田代まさしのお久しブリーフ」の感じだと

 気さくな人っぽいですね。。

 インタビューは本日午後の予定!

 インタビュー記事は来週中にアップできるように調整中です!

 帰ってきたらまた更新します。

 ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

AVANTI「ビジネス書」特集

こんにちは~。ADのTKです。

TOKYO FM 80.0MHzなどで放送中の「AVANTI-サントリー・サタデー・ウェイティング・バー」をご存知ですか??
※ JFN系列で毎週土曜日17:00~17:55に放送されている、地上波ラジオ番組です。

番組の体裁は、 『東京のとあるイタリアンレストラン、AVANTIのウェイティングバーで繰り広げられる、客同士の会話を常連客の紳士と一緒に聞き耳を立てる…』という、お洒落で、かつ東京一の日常会話が聴ける人気番組です。 詳しくはこちら

5月9日のテーマは、「ビジネス書」

AVANTIを訪れたお客様は、

・講談社生活文化局局長 丸木昭博さん
 『新書の歴史』の話

・『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』著者 山田真哉さん
 『ビジネス書のタイトル』の話

・コラムニスト 石原壮一郎さん
 『ビジネス書の楽しみ方』の話

・タレント 真鍋かをりさん
 『ビジネス書で勉強したこと』の話

・『明日の広告』佐藤尚之さん
 『明日の広告』の話

山田真哉さんのがお話していた、ビジネス書タイトルの話が面白かったです。
「新書はタイトルで引きつけなければ売れないと思い、内容よりも先にタイトルを考えた。」「さおだけ屋~」について話していたことだと思うんですが、タイトルを決めるのに1年以上時間をかけたとか。。

こちらで番組の一部を聴くことができます
http://www.tfm.co.jp/podcasts/avanti

文字で読む方は、こちらから(5月9日放送分)
http://www.avanti-web.com/thisweek.html

山田真哉さんも自身のブログで、これに関するエントリーが。

もっと早くお知らせできればよかったですm(_ _)m
TKでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の続きです。

 こんにちは、山ちゃんです。

 今朝触れた『おっぱいバレー』ですがPhoto_4

 











 素敵な書評を書いているブログ
を見つけたので紹介させてください。

 最近の更新はおとなしいので、もっと刺激的なブログ記事を書こうと

 МTKと相談しています。

 ジェットコースターで読書

 なんて序ノ口序ノ口ヽ(´▽`)/

 

本に絡んだおもしろい企画があったら教えてくださいね!

 

どっちかというと体を張るものの方が得意です。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減量か女子力か

こんにちは。
J子です ( ̄ー ̄)

今日は朝から本棚の整理をしていました。

書評用の本や、新刊ですぐに本棚が埋まってしまうんですよ…dash

で、みんなでわさわさと整理をしていたら、

「これはJ子読んだほうがいいよ」

これと
Photo

これと
Photo_2

これを
Photo_3


渡されましたbomb

あー悔しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleが選ぶ20世紀の名著100選

 おはようございます、山ちゃんです。

 ゆうべは寒かったけども今日はなんだか気持ちいい天気ですね。

 オンライン書店のbk1「作家マップ」なる新サービスを開始したみたいですよ。

 もうすぐ新刊JPニュースで記事が配信されます。

 実際に試してみましたが、まんねりしていた読書が再び楽しくなるサービスですよ。

  

 本つながりですけど

 「Googleが選ぶ20世紀の名著100選」
 っていうのが発表されていました。

 どんな判断基準かというと

 

学術論文や学術書に引用された回数が、世界に与えた影響力の指標となっています。

 だもので、選ばれた100冊は必然的に哲学書とか学術書になっています。

 こういうのを文芸書でもやってもらいたいですけど

 選考は困難を極めるでしょう。

 しかし、上の100選は日本人の著書が皆無ですが

 文芸書となれば日本人の作家が何人か選出されるはず!

 20世紀という縛りだと

 

安部公房『燃え尽きた地図』
三島由紀夫『豊饒の海』
 大江健三郎『万延元年のフットボール』
 太宰治『斜陽』

あたりがエントリーされるのかもしれません。

 あと、西洋人受けする村上春樹もたぶん『海辺カフカ』で。

 これらの作品は読んでいてとてもスリリングですが、

 

そこまで根を詰めて読書できないのが現代人。

 僕も軽い本を、ということで昨日『おっぱいバレー』の原作本を読んでいたんですけど

 

もう、最高でしたよ!

 土日に映画も観たい。。

 ということで

 

今日も一日がんばります(o^-^o)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

たくさんの人に読まれるブログを作るには?

 こんにちは!!山ちゃんです。

 毎日ブログを更新していると、

 

いかにして読む人に楽しんでもらえるような記事を書くか
 とか
 いかにしてたくさんの人に読んでもらえるようなブログにするか

 ということを考えてしまいます。

 せめて読んでくれる人を疲れさせないような文章を書きたいな~と思って

 先日紹介したような、上手な文章の書き方的ブログを読んだりしたわけですが

 たくさんの人に読まれるためにはこんな方法があるみたいですよ!

 するどい意見が多いです。

 多いに参考になりました(゚ー゚)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DNPの出版流通再編

MTKです。Yomuparaレポート更新できなくてごめんなさい。。。

山ちゃんの先ほどのエントリ見てビックリして、ついつい書き込んでしまいました。
最近、大日本印刷が出版流通の再編に向けて、激しく動いている印象があります。

つい先日もこんなニュースがありましたし。

大日本印刷が主婦の友社を傘下に 株式39%を取得で業務・資本提携を発表(新刊JPニュース)

これまで丸善、ジュンク堂といった大手書店チェーンを傘下に収めてきたDNPですが、これでブックオフを傘下に収めるとなると、これまた大手書店チェーンとなる青山ブックセンターも傘下に収めるということになります。

青山ブックセンター、ブックオフ傘下に(マイコミジャーナル)

DNPのプレスリリースによれば、「生活者の視点に立った書籍販売市場の活性化を目指していく」とのことで、とりあえずは書籍の新刊、中古の流通をおさえたということになりましょうか。

また、こんな中、DNPが今度は休刊雑誌を手がけるというニュースもありました。

秋田書店と大日本印刷が共同で、休刊雑誌を携帯電話・任天堂DS向けに電子書籍化(hon.jp)

これは休刊してしまった雑誌『歴史と旅』から、セレクトした歴史コンテンツを電子書籍コンテンツ化するものらしいですが、出版に関する様々なところに手をのばしている様子がうかがえます。

出版不況という中、このDNPの動きによって何が変わるのか。注目しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版今日のニュース

 おはようございます。山ちゃんです。

 流行のものとか、新しいものにこだわらなければ

 中古本を扱っていてなおかつ品揃えのいいブックオフはすごく便利な存在ですが

 新刊を売りたい出版社側からみたら、あまりありがたくない存在なんですね。

 

ブックオフ株を大日本印刷、講談社、小学館、集英社らが取得へ

 出版界の状況が垣間見えるニュースですが、
 書店員の方々もこの現状を危惧しておられるようです。

 

こんなブログを見つけました。

 全然話が変わりますがこんなニュースも。。

 悲しい。。。

 

かねてからのファンで取材まで行かせてもらったというのに(;д;)

 どれくらいファンかというとこのくらいファンなのです(汗)

 単なるお友達だということを願って今日も仕事を頑張りますヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

よしもとばななの最新文庫本

こんばんは。

朝、山ちゃんは怒り気味でしたが…

夢物語にはあまり突っ込まないようにしたいと思います。


さて今日はブックファースト二子玉川店 に取材に行ってきましたeye

8時からやっているのですごい便利。
通勤前に寄ったりしています。

売れてる本、人気の本が簡単に見つかるから楽ちんだし。
コンパクトな書店もいいと思いますshine

そこで買った本はコレ

Photo_9

帯に書いてあった言葉印象的でした。


もう何もいらない、いてくれるだけでいい。


言ってみたい。

予定はないですが。

婚活だってまだしねーよannoy

 

 と心荒れるJ子でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マーケティングは婚活にも使える?

 取材から帰ってきた山ちゃんです。

 今日はとあるマーケティング関連の本の著者さんにインタビューをしてきました。

 

面白かったですよ。

 マーケティングっていう言葉、最近はよく耳するし、顧客開拓や顧客管理などで
 効果的にマーケティングの手法を取り入れている企業もたくさんあります。

 本だってたくさん出ていますし、新刊JPでも取り上げています。
 ほらほら。

 ☆ 新刊JP FEATURING 橋本 陽輔『社長が知らない 秘密の仕組み ~業種・商品関係なし!絶対に結果が出る「黄金の法則」~』

 ☆ 新刊JP FEATURING 清水 克衛『繁盛したければ、一等地を借りるな!―売れる店には、理由(ワケ)がある』

 

 しかし

 業種によってはほとんどマーケティングのノウハウを持っている企業がなかったりするみたいです。

 ということにちょっぴり衝撃を受けて帰ってきました。

 いかに人を集めるか、って考えてみるととっても興味深いです。

 

来週配信予定ですよ!

 日本ハムファイターズが「婚活シート」なるものを用意するというニュースを見ましたが

 これもマーケティングの一手法ですね。。

 「7月11、12日のロッテ戦(札幌D)でバックネット裏の席を男女交互に並べ、それぞれの試合に未婚の男女50組計100人(18歳以上限定)が参加可能」

 とのこと。

 野球場での活婚だなんて斬新なアイデアじゃないですか!

 J子に教えてあげなければいけません。

 ……

 今教えてきました。

 

婚活の様子をつづったブログもあって。。
 こうやって真剣にがんばる方が幸せになるんでしょうね。。

 こういう活動も一つのマーケティングなのかもしれません。

 本日はこれにて!

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人のスーツを笑うなっ

 おはようございます。山ちゃんです。

 たまにスーツで出勤すると(取材がある日だけはスーツなんです、今日も)

 いつもJ子に笑われるのですがannoy

 

なぜゆえに笑うのだろう…。。

 そりゃあ、似合わないのは僕だって知ってるさっ(`Д´)

 しかし、僕は取材の日だけだからいいけど(1着しか持ってないし)

 スーツを毎日着る人はさぞかし大変だろう。。

 なんか雑誌とか見てると

 

「ジャケットとシャツの素材感が…」
 とか

 

「ネクタイで遊び心を…」
 とか

 

「パンツのシルエットが…」
 とか

 …

 …

 …

 こんなこと毎日気にしてるんだろうか…??

 しかし、うまく着れるようになりたいし、スーツの着こなしを指南する本もたくさん出ているので勉強していきたいものです。Photo_2








 こんなドキッとするブログも発見しました。

 これらの情報を得て成長したら

 福山雅治氏やジローラモ氏のようにスーツが似合う男になれるかも。。

 やる気がおきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

作ってもらいたい彼女ゴハン

 こんにちは、山ちゃんです。

 近頃仕事の合間に、巷でどんな本が売れているのかチェックする習慣がつきつつあります。

 

とある大型書店の昨日の売上ランキング1位は

 『作ってあげたい彼ゴハン』Shiori

 となっているのを見て

 

「なんか見たことあるなー」

 と思っていたら

 

Shioriさんの前作『作ってあげたい彼チョコレート』関連の記事をJ子が書いてました。その記事Photo_2

 








 改めて記事を見ましたが、とってもきれいな方ですね。。

 

ご本人のブログを読んで知りましたが、
 テレビにも出ていらっしゃるようでおとついの『smaSTATION』

 にも出演した様子。

 それにしても

 
 「作ってあげたい」などと女性に言われてみたいものです。

 たぶん(たぶんですよ?)そんなカップルは
男性が主導権を握っているのではあるまいか??Photo

 だってこの表紙も彼氏はボーっとしてるしさ…

 











 しかーし!今は断然女性が元気で強い。

 男たちは今ではかなり哀れで微かな存在になりつつあるのかもしれませんが…

 

 その流れに逆行するような写真を見れるブログがありました。(from らばQ)

 男女は対等がいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文章を鍛えよう

 おはようございます。山ちゃんです。

 明日は取材だからワクワクです。
 取材は楽しい(ことが多い)ですが取材内容を記事にするのにはいつも苦しみます

 何がそんなに苦しいのかって、文章ですよ。

 今の仕事は文を書くことが多い(編集部にいるんだから当たり前ですが)

 自分が書くものには注意を払ってはいるのですが、一か月前に書いた記事を読み返してみると、

 

ちょっとしたプライドが大きな打撃を受けます。

 それほど自分の文章は後で読み返すと(内容とかじゃなくて文章そのものが)ひどい

 ものが多い。。

 自分の文章をチェックする時のポイントをいくつか持ってはいますが、
せいぜい3つ程度。

 

しかし、より厳格にチェックするためのポイントを紹介しているブログを発見したのでご紹介したいと思います。

 今日はこれを参考にして記事を書いてみようと思います。

 たぶんですけど、文章が上手になれば話し方も上手になる気がするんですよね。

 僕はどちらかというと話し方が上手になりたい。。

 さてさて、明日の取材の準備をしますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

暑い休日の過ごし方

 こんばんは!

 朝一番でジュンク堂へいき、一冊も買わず、

 帰宅して魚釣りに出かけ、一尾も釣れず

 スルメを買ってザリガニ釣りに切り替えた途端に入れ食い状態になり

 ウハウハで帰宅した山ちゃんです。(写真をお見せしたいのですが密集したザリガニ図はグロテスクなので控えます。。)

 ザリガニの臭さはよくわかっているので全て川に戻しましたが。

 ところで、欲しかった本が文庫化されていないがために買うのを諦めた経験はありませんか?

 今日の僕がまさにそれでした。。。

 ところで、文庫化の基準って一体どういうところにあるんでしょう?

 僕が推測するに文庫化されていない=あまり売れていないのでは? というところなんですが…。真偽のほどを今度、調べてみることにします。

 早く文庫化して欲しいと思いつつ、おきまりのお客さん観察だけして帰ってきてしまった。。

 さて、いまでこそ各出版社さんとも「~文庫」といった形で文庫本を出していますけど、大手出版社が文庫本を発行し始めたのは1970年代になってからのようです。

 これを新しいとするか、古いとするかは解釈によると思いますが、

 イチ文庫本ファンとしては、

 もっと多くの書籍が文庫化されないかなぁ

 とかケチなことを考えてしまいます。

 良い本を安く読めるなんて、いいですよね!

 しかし今日はほんとうにあつかった。

 体調管理には気をつけたいものです。

 では本日はこれにて( ^ω^ )

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

当選者が決まりました~!!

ども。
J子です。

雨が降ったり止んだりしていますねrain
どっちつかずだったので買い物途中で傘をなくしてしまいました。


ところで先ほど
ブラックマヨネーズさんのインタビュー
で告知したサイン本プレゼント

の当選者が決定しました~shine

たくさんの応募ありがとうございますsign03

今日郵送しますので、楽しみに待っていて下さい (v^ー゜)ヤッタネ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

川上徹也さんのブログ

こんにちは、山ちゃんです。

 「仕事はストーリーで動かそう」の著者、川上徹也さんのブログが個人的に好きで
よく覗きにいっているのですがPhoto

 今朝読んだところによると新作がでるみたいですね。

 タイトルは
「“価格”“品質”“広告”で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ」

 昨年末にインタビュー取材をさせていただいたり

 今年にはいってからもアンケートに協力してもらったりと

 大変お世話になっている同氏

 

 また取材させてもらえないかな~と

 ひそかに考えています。

 そういえば、川上さんにインタビューをした時、まだ僕は新刊JPに入ったばかりで無茶苦茶に緊張していたのを思い出しました。いい緊張感は常に持続させたいですが、なかなか難しいですね。。

というわけで、今日もがんばります。

ごはんを食べてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

京都の名物書店に行ってきた

オッス!オラ、MTK!
オラ、書店と出会うとすげぇワクワクするんだ!
もっとスゲェ書店と出会いに、旅に出てきたぜ!



というわけで、行ってきたよ。






京都。

Kyoto_01



GW、私は京都に行ってきました。ええ、山ちゃんと渋谷に行ったあと、自分だけそのまま直行(本日の山ちゃんの日記参照)。
なんだって京都に行った理由は、

すげぇ書店に行ってくるため

なのです。本当に取材ではなく趣味の領域で。




今回、ちょっと訪ねた書店は 恵文社一乗寺店 !

Kyoto_02

普通なら新書とか文庫とかみんな別々の棚に置いてありますが、この書店、面白いことに、そういう垣根がなく、テーマごとにごっちゃ煮のごとく本が棚にならんでいるのです。つまり、自分が「あ、このテーマの読みたい!」と思ったときにその棚に行けば、新書、単行本、文庫カンケーなく並んであって自由に選べるというわけさ。

また、セレクトショップならではの読書グッズやら雑貨なんかもおいてあって、いつの間にか2時間くらいそこにいました。ここに集まる人は本好きが多いのか、一度来たらずっといるという客も多かった気がします。

さらに、その向かいの駐車場ではこんな書店もオープンしておりました。




Kyoto_03

移動式古書店!



なんでもCOW BOOKSという中目黒にある古本屋が、年に何回かトラックに本を乗せて全国を旅しているとかで、ちょうど僕は京都という地でバッタリ出会ってしまったわけです。

こりゃすげぇや!!

棚を見てみると、味のある本が並んでいましたよ。

本や書店だけをとってみても、世の中、いろんなことがなされているものです。単純に本を買うのではなく、買うのも楽しむ。そういう心を育むことが、出版業界を立て直していく1つの種になっていくのでしょう。

次回は、Yomuparaの続き書きますよ!!

MTK@京都から帰った翌日は動けなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店員企画更新されました☆

こんにちは。
連休ボケが治らないJ子ですpaper

本日

書店員が選ぶわたしの三冊


更新されました!!

今週はブックファースト自由が丘店の虎谷さん です。

ブックファースト自由が丘店は旅行に関する本が充実しているので、
普段から良く利用しています。

地下にあって、落ち着いた雰囲気なので待ち合わせに使ったり。
本を見ながらだと、待つ時間も退屈しないですよねshine



いちユーザーとしては登りのエスカレーターが欲しいです。





それはさておき、さきほどMTKが、虎谷さんのお勧めする本
『空中ブランコ』を買ってきました!


私も読んで見ようと思います。


そして今

MTKは戸田恵理香の写真集を買いに出かけました。

た、楽しみです・・・

ではsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人たちはたくましい!

 こんにちは、山ちゃんです。

 休養十分なのでマメに更新します!

 このところ毎日新型インフルエンザのニュースを見聞きしますが

 

もしかしたら60歳以上の方々の体の中にこの病気を克服するカギが隠されている

かもしれません。

どの国でも年配の方々が元気なんですかね??

「老い」は誰にでもいずれやってくるものですが

筒井康隆氏は「老い」にかんして『』という小説に記しています。
Tutui__

いわゆるストーリーというものがなくて

一人暮らしの老人・儀助の日常を執拗に細かく正確に描くのみなのですが

ここまで身も蓋もなく書くとストーリーがなくてもすごく面白いです。

作中で儀助は残りの資産とその減り具合から、無一文になる日(その日を人生最後の日とすることを儀助は決めている)を予想し、


その日を楽しみにしているフシがあるのですが、「独居老人」という言葉から連想しがちな悲愴感が全然なくてただただユーモラスです。

ただ、若い人よりも死を近く感じているゆえの凄味は十分感じられて、筒井氏の作品の中では一番好きかもしれません。

書評を書いてらっしゃる方がたくさんいて、熱心な読者が多い作家さんですね。
公式HPで初めてお顔を知ったのですが、なんだか気難しそう。。

ところで、GW中唯一出かけたのは1日で

わけあって渋谷の109のあたりをうろうろしていたのですが、

あそこらへんにいる方々はとにかく若い!

もう我々は立派なおじさんです


一緒にいたMTKを見て思った次第でございます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW太りに警告!

 こんにちは、連休明けで完全に休みボケしている山ちゃんです。

 となりではMTKとJ子が調子の悪いプリンターを直しています。

 休みはうれしいが、あんまり続くと何をやっていたのかわすれちゃう(><)

 テレビで見ましたが今年のGWはひたすら渋滞が激しかったみたいですね。

 長距離トラックの運転手さんが「仕事にならねえ」って。。

 そんなこんなで4日間も食っちゃ寝していましたが、

 はてブでこんな記事を見つけて…(らばQより)

 コーラやお菓子はどれだけ甘いのかを角砂糖何個分という尺度であらわしたものです。

 スニッカーズは食べないけどコーラはたまに飲むからな…

 

スタバもなかなかのものですよ。。
 角砂糖積み上がってます。

 オフィスワークだとまったく動かない日もありますから

 これは、気をつけなければなりませんね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

新刊ラジオに小飼弾さん登場!!

こんにちは。見習いAD(4ヶ月目)のT・Kです。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

あ、今日から5ヶ月目なので、更新しておいて下さいね。>MTK

さて、リスナーさんからの反響が大きかった新刊ラジオ803回「小飼弾の「仕組み」進化論」 ですが、ゲストはみなさんご存知の、小飼弾さん です。

ブログを読んだイメージでは、なんだか怖い人のように思っていましたが、実際は僕のような茶坊主にも話しかけてくれる、気さくで楽しい方でした。

すこし裏話的なエピソードを書かせていただきますと――。
「小飼さんへの献本って月に何冊くらいになるんですか?」という質問に対して、
「今ではちょっと減って300冊くらいかな。」とのこと!!

ん~すごいっ!

「家にある書棚がどんどん埋まってしまうのが悩み」と言っていましたが、本好きにはうらやましい悩みですよね。

それでは雑文はここまでにして、本題に入ります!

小飼さんと矢島さんの対談トークで、番組尺の関係で残念ながら泣く泣くカットさせていただいた、インタビュー音声をブログで配信します、とお約束していましたね。

ついさっき編集が終わりましたので、ここでお披露目です。
面白いので小飼さんファン以外の方も聴いてみてくださいね。

でぃれくたーずかっと版1「何をしてる人ですか?」

(クリックで再生)それを聞かれると返答に窮するんですよね…

でぃれくたーずかっと版2「次のバブルは人類的にヤバイ。」

(クリックで再生)◆あのね、お金があるでしょ。で、そろそろ気づいて欲しいんですけど…

呼んで欲しい著者さんがいましたら、こっそりコメントつけて下さいね。

以上、見習いAD(5ヶ月と1日目)のT・Kがお送りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小飼弾さんが新刊ラジオに!&書籍特集新ページ配信

まず報告です! あのアルファブロガーで著名な小飼弾さん

新刊ラジオに出演して頂きました!!


小飼さんの新刊本『小飼弾の「仕組み」進化論―生き残るための“新20%ルール”』の紹介で、ゲストとしていらして頂いたのですが、今回インタビュアーを務めたブックナビゲーターの矢島さん、興奮しっぱなしですねー。小飼さんのお話も面白かったです!

さて、矢島さんがラジオの終わりに言っていたブログでのインタビュー全編音声配信ですが、見習いAD(4ヶ月目)のT・Kが頑張っていますので、もうしばらくお待ちください。

◆   ◆   ◆

さて、続いて、昨日特集ページもオープンされましたよ。

『21世紀の国富論』で一躍時の人となった原丈人さんが、「次なる新しい資本主義の到来」を予測して書いている『新しい資本主義』です!

0501

かなり詳しく解説しているので、是非読んでみてくださいね!

MTK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊JP更新されました!

 こんにちは山ちゃんです。

 もはやすでに連休、という方も多いようですが

 明日からという人はもっと多いでしょう。

 先日始まった新刊JP「書店員が選ぶわたしの3冊」

 

 が、更新されました!

 今回はリブロ池袋本店矢部潤子さんです!

 独特の視点を持っている方で、楽しげな本を選んでいただけました。

 見てみてくださいね~!

 http://www.sinkan.jp/shoten/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »