« 電子書籍時代突入○年前 | トップページ | ビーフジャーキー→出版→エステティック »

2009年5月20日 (水)

探偵の受難

 

 こんにちは、山ちゃんです。

 J子は暑さにやられたようです。

 このまえ推理小説人気は根強い、みたいなことを書いたのですが
 Photo

 









 推理小説といったら事件

 事件といったら探偵。

 警察の一歩先を行き、事件を解決する名探偵に憧れた人は多いはず…!

 

しかしそれは小説の中の話。

 実際の活動はかなり地味だそうです。 おもしろい記事発見。

名探偵受難の時代…

 

現職の探偵さんが質問に答えるというスレッドを見つけたので紹介します。

 本当かどうかわからないですが、本当であってほしいです。

 

探偵の方がやっているブログもあって

 のぞいてみるといくつかの探偵事務所へのリンクが貼ってあったりして妙にリアル。。

 事件がないと探偵はヒマなんじゃないかと思いがちですが

 実際はかなり忙しいみたい。

 可能なら取材させていただきたいですが

 難しそうですね。。

 むしろ探偵にあこがれていた人間からすると
 無理だと言ってほしい気がしないでもありません。。

 
 
 

|

« 電子書籍時代突入○年前 | トップページ | ビーフジャーキー→出版→エステティック »

山ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196079/29706682

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵の受難:

« 電子書籍時代突入○年前 | トップページ | ビーフジャーキー→出版→エステティック »