« 料理本人気続いてますよ。 | トップページ | 変なタイトルの本 »

2009年6月 5日 (金)

米国新聞業界の2009年1Q広告売上が$2.6Bに激減

 

こんばんは、山ちゃんです。

 先日から何回か、紙媒体は今後どうなるんか、ということに触れていますが、

 それに少しだけ関連する記事を見つけました。

 米新聞の広告売上はかなりやばいことになっているようです。

 

悲惨から恐怖へ:米国新聞業界の2009年1Q広告売上が$2.6Bに激減

 広告売上は、その媒体への企業側の評価を示す指標の一つだと言えます。

 このままいくとどうなるのか、確かに怖いですね。

 しかし、この間インタビューをさせていただいたテムズ社の鷹野義昭氏がおっしゃっていたのですが、今後広告というのはクロスメディアの方向に動いていくらしい

 つまり、消費者が商品を存在をしり、知識を深め、購買するまでの流れを、各メディア媒体がそれぞれ分担して引き受ける、ということです。

 

鷹野氏のインタビュー記事

 もしこの動きが進んだら広告収入も各媒体に分散すると思われる。

 なので、米新聞業界の広告売上が減ったのもこの動きのあらわれかも…

 とか考えましたが、ちと楽観的すぎますね。

 

本当にやばいっていうのが正しいんでしょう。

 全然関係ない話ですが、今朝J子が書いていたブログのラストが異様にさびしくて

 なんだか笑えました(*´ェ`*)

 


 

|

« 料理本人気続いてますよ。 | トップページ | 変なタイトルの本 »

山ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196079/29964610

この記事へのトラックバック一覧です: 米国新聞業界の2009年1Q広告売上が$2.6Bに激減:

« 料理本人気続いてますよ。 | トップページ | 変なタイトルの本 »